大至急お金をつくる方法【ブラックお金の作り方】

大至急お金をつくる方法とはブラックのお金の作り方とは、審査の甘い金融から借りましょう

blackokane360x120.jpg

後払いでお金を作る

  1. 後払いを希望するならクレカやキャッシングでお金を作ろう
  2. 現金でとにかく今払わなきゃいけないお金を即座に用意する方法
  3. 後払いができる銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いとは
  4. 金利が安いほうが後払いであってもリーズナブルな返済が可能
  5. 1度の申し込みで継続して利用できるカードローンやキャッシング
 
blackokane360x120.jpg
 

後払いを希望するならクレカやキャッシングでお金を作ろう

基本的に買い物をしたり、何かしらのサービスを利用する際にはその場でお金を払うことになります。しかし、後払いという便利なサービスもあります。そのタイミングで手元にお金がない場合に便利です。

一般的にはクレジットカードがこのサービスにあたります。カードを持っていれば本当の支払い自体は後日に回すことができるため、給料日前などの会計にはありがたいものがあります。さらに、クレジットカード以外にも銀行カードローンや消費者金融会社が提供するキャッシングサービスなども、今は多くの人が利用しています。

ローンカードやキャッシングカードを持っていれば、銀行ATMやコンビニATMなどでお金をおろす感覚で融資を受けることができ、カードを現金化するような形で支払いに充てられます。実際の支払いはそれぞれの業者に返済という形で払うため、こちらに関しても給料日前のお金がないタイミングであったり、資金に余裕がないときなどに助かります。

消費者金融会社の中には事業資金を提供するようなケースもありますので、会社の経営者などが一時的に凌ぎたいと考えるような場合にも、ありがたい部分があります。さらにおまとめローンなどもありますので、他の会社からの借入をひとつの会社からの借り入れにまとめてしまうこともできます。

また、まとまった金額をどうしても近日中に用意しないといけない場合などにも、キャッシングサービスやカードローンサービスは有意義な存在になってくれます。返済時には数千円ずつなどの単位で返済が可能なので、まずは後払いにしてしまって、その融資金をあとからゆっくり時間をかけて返していくということも可能なのです。

このようにクレジットカードやキャッシング、銀行カードローンや消費者金融などの各種後払いサービスは、日々の生活に余裕を持たせてくれるため、いざという場合に備えて常備しておきたいカードと言われています。申し込み後に審査がありますが、最初に審査に通ればそのあとはいつでも好きなタイミングで使用が可能です。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

現金でとにかく今払わなきゃいけないお金を即座に用意する方法

今の時代、クレジットカード払いや電子マネーによる支払い、デビットカードによる支払いやポイントサイトで貯めたポイント活用の支払い、ギフトカード類などの金券による支払いなど、様々な決済手段が確立されています。

さらに具体的な商品で言えば、amazonギフト券やiTunesカード、ドコモケータイ払いなどのサービスも存在し、必ずしも支払いをおこなうタイミングに現金が手元になくても構わない世の中になっています。

しかし、いわゆるキャッシュレスの時代を迎えた今現在にあっても、なお現金でしか支払えないものは多数あります。たとえば賃貸物件に入居する際の初期費用や家賃です。一部にはクレジットカード払いに対応しているケースもありますが、やはり多くは現金払いです。

毎月の家賃だけならまだしも、初期費用に関してはまとまった金額となりますので、この際に支払いに困り、後払い決済にしたいと考えることも多いものです。そして、このような場面で役立つのが銀行カードローンや消費者金融のキャッシングです。

カードローンやキャッシングサービスの場合、数10万円から数100万円のお金を融資してもらうことも可能となっています。不動産の世界で賃貸物件に入居するとなれば、家賃などの相場にもよりますが、前家賃に敷金、礼金や手数料なども含めれば余裕で100万円を超えてしまうこともあります。

これだけの大金を短期間のうちに用意しないといけないこともあるわけですが、必ずしもこのようなお金を、その場で払えるだけの蓄えをすべての人が持っているとは限りません。そのため、このようなケースでは銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを有効活用しておきたいものです。

まとまった金額を一気に払ってしまうと、その後の生活にも支障が生じますが、まずはこれらのお金をキャッシングによって借りておき、そのあとで少しずつ返済していけば生活への影響も最低限で済むと言われています。

また、新たな家に入るということは引越しをおこなうわけですが、単身世帯ならだましも家族での引っ越しともなれば10万円以上のお金がかかることもあります。こうした費用も踏まえると、これから先の生活も考えて今払うのではなく後払いという形が最善と考えられますので、キャッシングやカードローンを有効活用しましょう。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

後払いができる銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違いとは

後払いでお金を払う方法のひとつが、カードローンやキャッシングです。今はメガバンクと呼ばれる大手都市銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫などの金融機関も銀行カードローンというサービス名などでこうした融資をおこなっています。

さらに、消費者金融会社も大小様々な会社がありますし、いわゆる街金融と呼ばれる存在もありますが、このようなノンバンク系の金融業者もキャッシングサービスを提供しています。そのため、後払いでとりあえず支払いを逃れたいと考える場合には、銀行系カードローンや消費者金融系キャッシングの活用を考えておきたいものです。

そして、これらのカードローンやキャッシングは用途が自由なのもありがたいポイントです。用途自由ローン、自由型ローン、フリーローンなど様々な呼び方がありますが、住宅ローンや自動車ローンなどのように何かしらの用途に限定されたものではなく、利用者の目的に応じて自由に使用できるのです。事業性資金に使用可能なケースもありますが、一部は事業資金のみ使用不可というケースもありますので、その点だけは気を付けましょう。

そして、今は銀行系カードローンと消費者金融系キャッシングの2つが主流となっていますが、その差はほとんどない状況です。かつては銀行のほうが金利面でリーズナブルと言われていましたが、今はその差はほぼありません。場合によっては消費者金融系のほうが安いほどです。

また、審査の難しさに関しても差はほとんどないと言われています。そのため、自分にとってメリットのある業者への申し込みをおこなっておきましょう。たとえば銀行にすでに口座がある場合、すでに持っているキャッシュカードがそのままローンカードになるケースもありますので、そうなれば余計なカードを増やさなくても済みます。

加えて、消費者金融系の場合には身近に店舗やATMがあれば、借り入れや返済が気楽という利点もあります。それぞれの環境によってどこの業者がベストなのかは変わってきますが、金利面などにおける差はほとんどないため、利便性という観点から吟味してみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

金利が安いほうが後払いであってもリーズナブルな返済が可能

後払いで支払いをおこなうことが可能な、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングですが、これらの業者から融資を受ける際には利息があります。この利息を上乗せした上で元金を返済していくこととなります。

そのため、できるだけ金利の安い業者からお金を借りたほうが返済額も少なくて済みます。さすがに元金のみの返済というわけにはいきませんが、低金利の業者のほうが返済終了まで早いため、各業者の条件を吟味した上で最適な業者を選択したいものです。

また、かつては消費者金融のほうが金利が高く、銀行カードローンのほうが金利が安いというイメージがありましたが、今はその差がなくなっています。そのため、消費者金融のキャッシングを無暗に避けるのはやめておきたいものです。

実際、銀行カードローンよりも消費者金融キャッシングのほうが金利が安く、利便性が高いサービスもあるのです。そのため、このようなサービスを利用したほうが自分にとってのメリットが大きいと言われていますので、ぜひ有効活用しておきましょう。

返済を一括でおこなうことができるようであれば、金利はさほど心配しなくてもいいのでしょうが、返済を分割する人や何度も利用する人の場合には、金利に注目しておきたいものです。

また、各賃金業者の中には無金利期間を設けているケースもあります。こうした期間が設けられている場合には、その期間内に全額を返済すれば金利が一切かからずに終えることが可能です。新規に申し込みをおこなった人が、1度だけ利用できるようなルールになっているものですが、こうした制度が設けられているのであれば活用しておきたいものです。

最も返済額を少なくできる方法ですから、そのほかの条件なども総合的に比較しながら業者選びをおこなってみてください。後払いを選び、融資を受ける以上は返済は必ずありますが、その返済額を少しでもお得にしておくことが自分自身のためになるわけですから、業者選びは重要です。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

1度の申し込みで継続して利用できるカードローンやキャッシング

キャッシングやカードローンなどのサービスを使って、支払いを後払いにすることができます。しかし、銀行カードローンや消費者金融への申し込みをおこなえば、誰でも融資を受けられるわけではありません。申し込みをおこなったあとには必ず審査があるのです。

審査では本人確認や年収証明書類の提出などが求められ、これらの情報をもとに業者が返済能力があるかどうかをチェックするのです。その上で貸し付けをおこなっても問題ないとわかれば、融資を実行するという流れになっています。

そのため、後払いサービスのひとつである銀行カードローンや、消費者金融キャッシングを利用したい場合には、まずはこの審査を通過することを考えておきましょう。審査は融資のたびにあるわけではなく、申し込みをおこなった最初の1度のみです。つまり、最初に審査を通ってしまえばカードローンやキャッシングができるローンカードの発行をおこなってもらうことができ、その後は自分の好きなタイミングで融資が受けられるわけです。

融資を受ければ毎月の返済がありますが、返済をしながら新たな借入もできるなど上限額の範囲内であれば自由に使うことができますし、その用途も自由なフリーローンが多いため、生活において様々な面で役立つカードになってくれます。そのため、まずは審査をクリアすることだけを考えておきましょう。

また、人によってはお金が必要になってから申し込みをおこなうのではなく、いずれ訪れるであろうピンチに備えてあらかじめ申し込んでいる人もいます。いざお金が必要な状況にぶつかってから焦って申し込みをおこなうのではなく、早めに準備だけしておくという考え方です。

手元にローンカードを持っておけば、いざとなったときには身近にあるATMにおいて審査もなく融資を受けられるわけですし、いざというときには借りられるお金が確保できているという状況は日々の生活に安心感や余裕を生み出しますので、このような形での申し込みも検討しておきましょう。

さらに言えば、クレジットカードにもキャッシング枠があり、すでにカードを持っている人が新たに付け加えたり、クレジットカードとキャッシング枠の同時申し込みをおこなうことも可能となっていますので、このような形の融資を得ることも検討してみましょう。

クレジットカード現金化や、ショッピング枠現金化などカード現金化のための方法もありますが、これがカード会社に気付かれると使用停止に陥ることもあります。そのため、きちんとキャッシング枠の申し込みをおこなっておきましょう。
▲メニューに戻る
blackokane360x120.jpg

バンドルカードでお金を作れる?

2018年09月12日 13時55分

今、お金が必要。だけど“借りる”のではなく、お金をすぐに“作る”方法があります。 それが、話題のバンドルカードです。    …

バンドルカードはプリペイド式のクレジットカード

2018年09月12日 14時01分

プリペイド式クレジットカードのバンドルカード。 10代の学生、高齢者でもすぐにカードを作る事ができます。 カードローンやキャッシングと大きく違うのは、審査がないことです。   &…

バンドルカードは後払い その方法は?

2018年09月12日 14時06分

話題のバンドルカードでは2万円しかチャージができない? そんなことはないです。     ケータイ払いにすると 先ず2万円というのは、ポチッとチャージの最大限度額で…

クレジットカードでお金を作る?

2018年09月12日 14時11分

お金が必要でカードローンで簡単に借入ができるのなら良いですが、信用情報で借入ができない。 金融事故があってブラックになっている方もいます。     クレジットカード…

話題のバンドルカードのメリットデメリット 

2018年09月12日 14時16分

クレジットカードを持っていない方でもプリペイド式VISAカードのバンドルカードはすぐに作れます。 スマホのアプリ、カードでもOK。チャージして使うクレジットカードですが、最大月10万円の残高まででき…
blackokane360x120.jpg