大至急お金をつくる方法【ブラックお金の作り方】

大至急お金をつくる方法とはブラックのお金の作り方とは、審査の甘い金融から借りましょう

blackokane360x120.jpg

急なお金の作り方

2018年11月21日 15時57分

  1. お金が欲しいとき
  2. 銀行と消費者金融会社
  3. 消費者金融会社で借りる
  4. 何とかしてお金を作る
  5. 個人間融資掲示板を利用する
 
blackokane360x120.jpg
 

お金が欲しいとき

お金が欲しいときは、まずはなんとか自分でお金を調達したいと考えたいところです。それではどうしたらいいのかというと、とりあえずは家にある不要品を買取業者に買取ってもらいましょう。不要品ですから誰にとっても不要品なので買取り価格に期待はできないでしょう。

しかし、家の中にあるものを全てかき集めたらけっこうな値段になるはずです。一度おこなってしまえば、次の不要品を買取ってもらうのは何年も先になってしまうかもしれませんが、家の不要品がなくなるので良いチャンスと思って買取りをしてもらいましょう。元々不要品ですから、特に愛着もないものばかりだと思います。

仮に愛着があっても過去3年も使っていないのでしたら、記念になるものでないかぎり手放してもいいでしょう。例えは極端すぎますが、人は死ぬときはスーツケース三つくらいの手持ちで良いということもあります。現在は動画や写真でいくらでも自分の存在を過去に残すことができるので、ものを残すのは数点あれば十分です。

また、不要品を買取りしてもらっても必要金額に届かない場合もあるでしょう。そのときは家で読まなくなった本などを買取りしてもらう方法があります。そのときは普通の買取り業者よりも、本の価値のわかる古本屋に買取りの依頼をするといいでしょう。特に人気の全巻コミックがあれば、かなりの高価買取りが期待できます。

コミックなどは一度読んだらなかなか読み返すことはなく、コレクターズアイテムと化すくらいなものです。時が経つほど価値が上がるものもあるのでもったいない気もしますが、必要なときに買取りしてもらうほうが使い時を誤らなくていいかもしれません。そういったタイミングがとても重要になるのです。

それでも必要金額に届かないときは、そこで他の方法を考えるのもいいのですが、あくまでも買取りで必要金額を調達したいのであれば、今度は家の必要品を買取りしてもらうしかありません。それでも生活するうえで必要なものは売れません。例えば冷蔵庫に洗濯機などは生活必需品の最たるものでしょう。

当面なくても困らないものといえばテレビやパソコンでしょう。パソコンやテレビはある程度スマホがあれば代用できます。家電などになると購入価格の10分の1くらいが買取り価格になります。年数によって増減します。5万円で購入したテレビは概ね5千円くらいが目標買取り額になります。もちろん上になる場合もあります。パソコンも同様ですね。パソコンの場合は買取り率がアップすることが多く、買取りのときはぜひとも活用したいところです。

ここで、なんとか必要金額に到達して、その場をしのいだとします。しかし、やはり後になってテレビやパソコンは必要ということで買い直すことになったときは、買取りしてもらった額の10倍くらいのお金を出さないと買い直すことはできません。かなり無駄な動きをすることになりますが、これも、お金が必要な時になんとかしなくてはいけないのですから、しょうがないことでしょう。

他には、少額でしたら友人知人からお金を借りるのがいいでしょう。昔ながらの友達でしたら、なんとか力になってくれるはずです。ここで気になるのがいくらくらいの借り入れになるのかということです。相場というものがない世界ですから、借りることのできる額というのが気になるのです。世間的な相場というか、自分がそのときの立場になってみると、どれだけ友達に出せるのかということを考えるのです。

そうやって出てきた金額は3万円です。これはかなりの相場観と言えるでしょう。なんとかならないお金ではありませんし、いい大人だったら財布の中になんとか入っているお金でもあるのです。少額資金で必要な額も3万円程度が普通ということですから、まさに必要な額、出せる額というのが一致した形です。これでしたら、借りる側もマナーとして借用書を用意しておいたほうがいいでしょう。

普通、借用書は貸し出しする側が作るものですが、水くさいとばかりに友人のほうも借用書は作らないでしょう。しかし、不測の事態が起こる場合もあります。何があるかわからないのが人生ですから、借用書はきっちりと作っておいたほうがいいのです。友人知人のほうから作りにくいでしょうから、借りる側である本人がマナーとして借用書を用意するといいでしょう。

お金がそれ以上必要となると今度は身内の出番です。60代以降となるとかなり貯め込んでいるはずですから、身内ということもあって遠慮せずにどんどん借りるようにしましょう。そして当然のことですが、返済はきっちり行いましょう。友人知人のときとどうように、借りる側から借用書を作ってもっていきましょう。これは、必ず返済するという覚悟を見せる意味でもとても大切です。

お金は天下の回り物といいますが、お金の切れ目が縁の切れ目でもあります。友人知人さらには身内からの借金は必ず返済しなくてはいけません。時と共にお金に対する執着力というのが増してきます。ですから、しっかりとお金に対する考え方を改めて借りたものは返すといったことを、頭の中にたたき込むようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

銀行と消費者金融会社

急なお金の作り方といえばいくらでも方法はあるんですが、まとまったお金となると、銀行や消費者金融会社からお金を借りるしかないでしょう。銀行と消費者金融会社を比べた場合、やはり銀行カードローンの金利の低さに注目したいところです。

しかし、そうはいっても銀行カードローンの審査は消費者金融会社のカードローンと比較しても厳しくて、属性の低い人でしたら、審査に通りにくいのが現状です。ですから、銀行カードローンの審査に通らなければ、貸金業者である消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをするようにしましょう。

月々の生活費が足りないといった人もいるでしょう。銀行カードローンでしたら最低利用限度額が10万円です。消費者金融会社は1万円からの借り入れが可能です。もっとも、銀行カードローンも10万円が利用限度額のカードローンに融資の申し込みをして、そのなかから必要金額のキャッシングをしたらいいでしょう。ですから、いきなり利用可能限度額の10万円を借りなくてもいいということになるのです。

銀行カードローンの金利の低さが魅力ですから、誰でも銀行カードローンからお金を借りたいのですが、致命的な欠点が銀行カードローンにはあるのです。というのも、銀行カードローンは即日融資に対応していないのです。

これはどういうことかというと、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行は審査に入ります。これはどのカードローンでも消費者金融会社のカードローンでも一緒です。そして、銀行カードローンの審査では、申込者の個人情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけないのです。

これは不正融資を防止するための施策なのですが、この警察庁のデータベースにアクセスして照会情報を得るのが早くても翌日以降になるのです。そのため、銀行カードローンは即日融資に対応できなくなりました。警察庁のデータベースアクセスが迅速にならなければ、銀行カードローンの即日融資の復活はないといっていいでしょう。

消費者金融会社のカードローンは警察庁のデータベースへのアクセスをする必要がないので、これまでどおり即日融資が可能です。銀行カードローンはいきなり敷居の高いことになってしまいましたが、審査事態が厳しいので融資の申し込みをしても審査に通らない人が多いのが現状なのです。そして、即日融資をしたいのでしたら、消費者金融会社が大いに役立ってくれるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

消費者金融会社で借りる

急にお金を作る必要が出てきたら、即日融資に対応できるのが、大手消費者金融会社のカードローンです。店頭での申し込みはもちろんですが、Webでの申し込みにも迅速に対応してくれます。とにかくスピード重視ですから、属性に問題がなければすぐにでも融資をしてくれるでしょう。

また、お金が必要な時は今すぐにでも必要な時があります。時間的に不可能なときもあるでしょう。大手消費者金融会社のカードローンでしたら、無人契約機が日本全国の主要都市のあちこちに設置してあります。24時間365日稼働しているので、いつでも融資の申し込みをすることができます。

あるいは、当日の22時までに申し込みの手続きを終えることができたら、審査に通ればすぐにローンカードが発行され、近くのコンビニATMですぐにキャッシングができます。資金調達をすぐにでもしたいということでしたら、消費者金融会社のカードローンに勝るものはないでしょう。

自力で仕事をして生活費を稼ぐのが基本ですが、急な出費など必要なお金が急にできたときは、手持ち資金でどうしようもなければ、消費者金融会社のカードローンを利用するしかないのです。もっとも、消費者金融会社にも問題があって、総量規制といって年収の3分の1しか消費者金融会社から借り入れができません。ですから、総量規制一杯に借りていたらそれ以上の借り入れができないのです。そういった場合は自力でお金を調達するしかありません。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

何とかしてお金を作る

すぐにお金が必要という場合は、日払のアルバイトをしても間に合わない場合も多いでしょう。あまり良い方法ではないのですが、クレジットカードの現金化という方法があります。

すでに、クレジットカードのキャッシング枠がなくなっているか、属性が低くてキャッシング枠がゼロになっている人でしたら、クレジットカードのショッピング枠の現金化があります。

ショッピング枠を最大限利用してもいいのですが、30万円の枠があっても30万円全部キャッシングできるわけではありません。6割くらいと思ったほうがいいでしょう。30万円の6割ですから18万円のキャッシングです。

それでいて30万円の借金を作るのですから、何とも割りの悪い借金となるのです。18万円の現金を作って翌月には30万円を返済しなくてはいけないのですから、どうしようもないとき以外は利用しない方がいいです。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

個人間融資掲示板を利用する

属性が悪く、消費者金融会社からお金を借りることができない、クレジットカードにも枠がないというときは、そこで万事休すではありません。ネットの個人間融資掲示板を利用する方法があります。

借りることのできるお金は10万円は高すぎるので、相場は5万円くらいでしょう。個人間での貸借りですからリスクがあります。

融資をする人の実績なども確認できるので、多くの実績のある人が信頼のおける人と考えていいでしょう。返済は翌月など1ヵ月以内が基本です。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
blackokane360x120.jpg