大至急お金をつくる方法【ブラックお金の作り方】

大至急お金をつくる方法とはブラックのお金の作り方とは、審査の甘い金融から借りましょう

blackokane360x120.jpg

大至急お金をつくる方法

  1. お金を借りたいけど心構えってあるの?
  2. 至急お金を借りたい
  3. 消費者金融会社のカードローンを利用する
  4. すぐにお金を借りたいときは
  5. 消費者金融会社以外では?
 
blackokane360x120.jpg
 

お金を借りたいけど心構えってあるの?

住宅ローンや教育ローンなど、大きなお金が必要なときは、貯蓄だけでは足りないことのほうが多くそのためにも有効な方法です。ここまで大きな話ではないにしても車の買い替えなどのときにも先立つものがなければ、カーローンなどを利用することも検討しなくてはいけません。

しかし、それが家計を圧迫するような大きな負担になってしまうこともあるのです。ローンで生活費まで切り詰めるようになってしまうと、他に緊急な出費ができたときに、ついつい新しくお金を借りてしまうことになるのです。

資金繰りに余裕がないときは、ついついそのような事態に陥ってしまいます。そうならないためにも日頃からお金の運用計画などをしっかりと考えておいたほうがいいでしょう。それでもお金を借りなくてはいけない場面が出てくると思いますが、それ相応の心構えというものが必要になってくるのです。

銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンなどで気をつけたいのは、ついつい借りすぎてしまうことです。必要なお金だけを借りることができたらいいのですが、少し余裕をもって借りておこうというのが積み重なってしまって、気がつけば大きな借金を抱えているなんてことにもなりかねないのです。

それと、大丈夫だと思って無理な返済計画を立てることも多いでしょう。意外と大丈夫だと思うことで回ってしまうこともあるのですが、それは予定通りにいっていればということです。予定通りにいかないことのほうが多いですから、急な出費などが重なってしまうこと、それが予期せぬ出費であればあるほど、最初にたてた返済計画はどんどん崩れていってしまうのです。

絶対にしてはいけないことは、返済のためにさらにカードローンなどを借りてしまうということです。これだけは絶対に避けたいところですね。そうなったときはどうしたらいいでしょうか。まずは、日頃からそういったイレギュラーなときの対処をしっかりと考えておくことです。今お金が急に必要になったら大変だ…という状況を作らないということですね。

しかし、人生は何があるのかわかりませんから、そういった状況になることも多いでしょう。そうなったときには、新しく借金をするのではなく、現在利用している銀行や消費者金融会社などに、もう少しお金が必要になったんだけど…といったように相談するほうがいいでしょう。それまで延滞もなくきちんと返済しているのでしたら、なにかしらのアドバイスをしてくれるはずですし、何かお金を融通してくれるかもしれません。

お金を借りるとなると、まず考えたいのが銀行カードローンです。やはり金利の低さというのは魅力です。消費者金融会社のカードローンの金利とそんなに変わらないという人もいると思いますが、1%2%の金利が違うだけでもトータルの返済利息に数万円から、多いときには数十万円の違いが出てくるのです。ですから、金利はできることなら、0.1%単位で低いところを狙ったほうがいいのです。

また、銀行で借りるのと消費者金融会社で借りるのでは世間体が違います。銀行で借りるのは普通のことと思われがちですが、消費者金融会社でお金を借りているということになると、お金に困っているといったように負のイメージがついてしまうのです。

実際には銀行もお金を借りるところではあるのですが、どちらかというと個人向けというよりは法人向けのイメージが強いです。個人向けでは、住宅ローンなどの大型ローンが主流といったところでしょうか。個人向けのフリーローンはそれほど力を入れてこなかったのですが、消費者金融会社のカードローンの仕組みを取り入れて、個人向けローンにも力を入れてきた経緯があるのです。

そして、メガバンクを中心に銀行カードローンでも、即日融資やスピード融資といった文言が踊った時期がありました。それが現在ではそういった文言を広告などで見ることがなくなったのです。これはいったいどういったことでしょうか。具体的にはスピード融資、即日融資ができなくなったということです。ですから、広告からそういった文言が消えてしまったのです。

理由は従来の審査に過程に、さらに時間のかかる審査項目が追加されたからです。それは、警察庁のデータベースの照会です。これは不正融資の防止対策として始まった施策で、銀行のローンに申し込むと銀行は申込者の個人情報から、警察庁のデータベースを照会しなくてはいけなくなりました。実際には警察庁に照会の依頼をするのですが、その照会情報を得るのが即日では無理となったからです。

そうなると、必然的に申し込みからの即日融資ということはできなくなったのですから、銀行カードローンの広告から即日融資といった言葉が消えたということなのです。ですので、すぐにでもお金を借りたいという意味合いでは、銀行カードローンは除外しなくてはいけないということになりますね。

それと、銀行カードローンの審査は厳しいものがあって、誰でも気軽に借りることができるというものではありません。どの程度の審査基準かというと、正規雇用の人でしたら銀行カードローンを借りることができるのですが、反対に非正規雇用の人となると銀行カードローンの審査に通ることは難しくなるでしょう。これはカードローンには2つの融資基準があるのですが、一つは年齢が20歳以上であること、そしてもうひとつが安定した収入のある人です。

この安定した収入という解釈がそれぞれによって違うのですが、銀行の解釈は正規雇用されている人ということになるのです。安定した収入というのは収入の多さではなく、ずっとその収入を続けていくことができるのかということに尽きるのです。パートアルバイトの人でしたら、雇用が保証されているわけではありませんが、一方の正社員でしたら、雇用が保証されています。この違いが銀行カードローンの審査には響くということですね。

銀行カードローンでは、すでに即日融資はできなくなっているので、そういった面では消費者金融会社のカードローンのほうにアドバンテージがあると考えていいでしょう。また、銀行カードローンの融資を受けることができない人は、必然的に消費者金融会社からお金を借りることになります。さらに、銀行カードローンの審査に通るといった正社員の人でも他社からの借り入れが多い場合、あるいは勤続年数が1年に満たない場合などは、銀行カードローンの審査に通ることはできないでしょう。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が預金者から預かった大切なお金ということが大きいです。それと貸し倒れにはかなり神経質になりますから、必然的に返済能力の高い人でないと銀行は融資をしないということなのです。それでは、パートアルバイトの人はどうかというと、消費者金融会社からお金を借りなくてはいけないということになります。

前述したように消費者金融会社のカードローンは即日融資に対応しています。現在のところ、警察庁のデータベースへの照会義務はありませんから、即日融資に対応できるということですね。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

至急お金を借りたい

至急お金を借りたいとなると、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンです。銀行よりも審査が厳しくないので、パートアルバイトの人でも十分に借りることができるでしょう。一般的にニュース記事などを見ても、消費者金融会社のカードローンのほうが銀行カードローンよりも審査が厳しくないので、消費者金融会社が貸金業者だからです。

あたりまえのことですが、消費者金融会社はお金を貸出しすることでしか収益をあげることができません。ですから、審査基準を緩めてでもできるだけ融資をするようにしているのです。多少のリスクがあっても収益アップを目指しているということですね。

そして、すぐにでもお金を借りたいという人の中にはすでも、複数の債務を抱えているといった人も少なくないのではないでしょうか。そういった人は新たな融資の申込みをするよりも、まずはおまとめローンを利用して債務の一本化を図ったほうがいいでしょう。というのも、債務件数が多くなるとたちまち次の融資の申し込みに対して審査が通りづらくなるからです。

ですから、闇雲に新しくカードローンの申込みをするのではなく、債務件数を減らすことに注力しなくてはいけません。一番いいのはできるだけ早く債務を返済することです。したがって、常にお金の返済方法や資金繰りについては考えたほうがいいでしょう。

銀行などの金融機関からすでに多くの借り入れがあるようでしたら、その返済計画もしっかり立てなくてはいけません。お金を借り続けるとどこかで、融資がストップしてしまいます。そうなると担保がないと融資を受けることはできないでしょう。そうなると資金繰りが悪化してしまって、クレジットカードのキャッシングにまで手を付けてしまうことにもなりかねないのです。すぐにでもお金を借りたいのでしたら、大手消費者金融会社のカードローンがやはり一番いいでしょう
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

消費者金融会社のカードローンを利用する

すぐにでもお金が欲しいときは、大手消費者金融会社の自動契約機が便利です。各都市に自動契約機あるいは無人契約機と呼ばれるものが独立した建屋に用意されています。大

手消費者金融会社の名前を冠した大きな看板が目印なのですが、人通りの多いところにも設置してあるので入りにくいかもしれませんが、一旦中に入ると人目を気にすることなく、カードローンの融資の申込みをすることができます。

カードローンの融資が総量規制などの問題でできないときは、ビジネスローンに切り替えるのも一つの方法です。総量規制というのは消費者金融会社を対象とした規制で、年収の3分の1までしか借りることができないというものですが、カードローンなどの使途自由のフリーローンが対象となっているので、ビジネスローンは目的ローンですから、規制の対象外なのです。

消費者金融会社を利用する場合は、そういったことも視野に入れておくと良いでしょう。自動契約機でしたら、その日の22時間での申し込みで審査に通ればすぐにでも、ローンカードが発行されてキャッシングすることができます。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

すぐにお金を借りたいときは

今すぐというのでしたら、金額にもよるのですがクレジットカードのキャッシングが手っ取り早いです。

カードローン会社でしたら、融資の申し込みをして審査を待たなければいけませんが、カード会社のクレジットカードの場合はクレジットカードを持っていること自体が、審査に通っているということですから、いつでも利用可能額の範囲内でキャッシングできるのです。

言うなれば、クレジットカードを持っているということは、利用限度額の債務の審査に通っているということになるということですね。

少額融資でよければクレジットカードのキャッシング機能を使うのが、もっとも早くお金を手に入れる方法です。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg
 

消費者金融会社以外では?

消費者金融会社がいくらスピード審査スピード融資といっても、今すぐという要望に答えるのは難しい場合もあります。

そういったときは、ネットの個人間融資掲示板がいいかもしれません。タイミングさえあえば、審査も必要ありませんし、交渉次第ですぐにでも融資をしてくれるのです。

気をつけることは個人間融資なので、リスクがあること、返済利息が法外になることもあるので相場などもしっかり把握しておかなければいけません。

実際に昨今は利用している人も多いということですから、今すぐという緊急事態の時に考えてみてもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
blackokane360x120.jpg

大手消費者金融しか即日融資はしていない現状

2018年08月09日 14時40分

緊急のお金のご用達は、現在は大手消費者金融カードローンだけが対応しています。 銀行カードローンは早くても翌営業日になり、他のキャッシングも即日融資の保証はないです。 大手消費者金融なら、早い時間の…

至急お金貸します、破産者も無職もOK

2018年08月09日 14時45分

こんな危険な広告を見つけました。そんな親切な金融業者が世の中にあるのだと感心してはならないです。この広告には、私は闇金ですと宣言しているようなものです。 さて、問題です、何が闇金なのでしょう?闇…

ノンバンクなら即日融資ができる ビジネスシーンでも

2018年08月09日 14時55分

金融機関の融資と言えば、審査に時間がかかるとされています。 ビジネスシーンでは、それでは困る場合も少なくないですが、そこはノンバンクの存在です。 ノンバンクビジネスローンであれば、即日融資が可…

中小消費者金融って即日融資ではないの?

2018年08月09日 15時01分

カードローン会社でも審査基準の差があります。現在厳しいとされているのが、銀行カードローンです。その次に大手消費者金融がきます。     大手消費者金融だけ即日融資 …
blackokane360x120.jpg