大至急お金をつくる方法【ブラックお金の作り方】

大至急お金をつくる方法とはブラックのお金の作り方とは、審査の甘い金融から借りましょう

blackokane360x120.jpg

至急お金貸します、破産者も無職もOK

2018年08月09日 14時45分

こんな危険な広告を見つけました。そんな親切な金融業者が世の中にあるのだと感心してはならないです。この広告には、私は闇金ですと宣言しているようなものです。

さて、問題です、何が闇金なのでしょう?闇金疑惑は2つのワードです。
「破産者」と「無職」です。
 
blackokane360x120.jpg
 

1つ目の「破産者」から

大手消費者金融カードローンや銀行カードローンでも、破産者の借り入れができるのをご存知でしょうか?それは、自己破産等の債務整理から7年程度経っている方です。その間のキャッシングをしていない、カード会社の契約をしていないことが条件です。

金融機関からの融資もない、信用情報で記録がない方です。ですから、正確には「破産者」は借りれないことはないです。即日融資ができるのは大手消費者金融だけですが、どこの業者も破産者も借りられるとは絶対に言わないです。あまりにも誤解を受ける言葉です。よって、至急お金を貸す大手消費者金融では、「破産者」は借りられないと判断されます。
 

ただし、中小消費者金融は違う

これは、余談になりますが、中小消費者金融では1年経過の債務整理者は借りられることがあります。
しかし、これも審査を受けられるということで、「破産者」に貸す内容ではないので、金融業者ではこういった広告の出し方はしないです。

ただし、情報サイトなどでは、この表現はありですが、内容をみると、自己破産からしばらく経っている事、審査次第では借りられるかもしれないということがわかります。
 
blackokane360x120.jpg
 

2つ目の「無職」

お金を貸してくださいと言われた時に、その方が返済ができないとわかっている場合はお金を貸しますか?
これが一種の審査です。アナタは返せないでしょう?だから貸さないということになります。

バチンコをしていて、隣の知らないおじさんから金貸してと言われたとしても貸さないでしょう。
馴染みのおじさんであれば、返してくれることがわかっているから快く貸すことがあると思います。
それと同じです。

消費者金融の申し込みは相手を知らない場合ばかりですが、申込内容と信用情報で判断をします。
その時に僕は「無職」ですが、返しますと言っても信用ができるわけがない。
すべての正規金融業者では、「無職」は容赦なく審査落ちです。
甘い審査の中小消費者金融、街金も同様であり、「無職」には貸さないです。
 

ということで、このような広告は無視

闇金疑惑の広告に騙されないことです。「破産者」と「無視」と名指しにするのは、正規金融業者に相手にされないのだから、こっちにいらっしゃいということです。

闇金に行ってはならない理由としては、返済ができないことと、金貸し以外の目的があまりにも闇だからです。キャッシングができると契約をしたり利用することで、いつまでも完済ができないばかりではなく、とてつもない金利に驚きます。無職になったのなら、しばらくは借りられないということは、必ず心に止めておくことですが、破産者に関しては、中小消費者金融で相談ができます。

しかし、中小消費者金融は至急貸しますという広告は絶対に出していないです。
 
blackokane360x120.jpg
blackokane360x120.jpg