大至急お金をつくる方法【ブラックお金の作り方】

大至急お金をつくる方法とはブラックのお金の作り方とは、審査の甘い金融から借りましょう

blackokane360x120.jpg

100万円以上のお金が支給ほしい場合の対応策

2018年08月21日 11時15分

至急お金がほしいとき、その金額が10万円程度であればすぐにどうにかなるケースが多いものですが、ひとケタ違ってくると用意するのは至難の業と考えるものです。つまり、100万円以上などの大金を用意しなければならないケースです。

たとえば不謹慎な話ですが、自分自身の親御さんに不幸があると、その葬儀費用を急いで捻出しなければならないことがあります。残念ながらこれは誰にでも起こりえる可能性がある物事ですし、実際に葬儀費用のために一時的にお金を借りる人は世の中にたくさんいます。身内の不幸はいつ起こるかわからないわけですから、そのような場合には悲しみと同時にパニックになる人もいます。

また、そのほかには急な引越しによって入用となる場合です。前もって計画していた引越しであればまだしも、中には急遽引越しが決まることもあります。賃貸物件に住んでいる場合、このようなケースもあるのです。

そして、新居を見つけることができれば無事に引っ越しができますが、入居に際しては初期費用がかかってきます。家賃によって初期費用は異なりますが、敷金や礼金、仲介手数料などのほか、今は保証会社を利用する物件も多く、保証会社にも家賃1か月分を払うことがあります。さらに引越し会社に荷物の輸送を依頼する場合にはお金がかかりますし、不用品の処分費用や新居で必要になる品を揃えるお金も必要です。このようなお金を合計すれば100万円を超えることはあります。

そして、あまりに金額が大きくて頭を抱えてしまう人もいますが、こうした金額であっても各種消費者金融や各社のカードローンは対応してくれます。どういうことかといえば、たとえばカードローンの枠は50万円が上限というケースがある一方で、100万円以上の融資枠を用意していることも多いのです。それこそ300万円や500万円、さらには800万円などが最大の融資額として設定されていることもあるのです。そのため、まとまったお金が至急ほしい場合も安心できます。
 
blackokane360x120.jpg
blackokane360x120.jpg